アルツハイマーの予防に良いサプリメント!

年齢を重ねていくと恐い病気の1つがアルツハイマー型認知症ですね。現代は85歳以上になると2人に1人は発症するといわれています。原因は遺伝から始まり積み重なった食生活の乱れ、ストレスなど多岐にわたります。中でも脳の健康を脅かすオメガ3脂肪酸の減少、活性酸素による酸化・老化などがその要因とされます。

 

アルツハイマーに良い成分として
  • 中鎖脂肪酸
  • プラズマローゲン
  • DHA

 

などが挙げられ、当サイトはそんな有効成分を配合したサプリメントを厳選して紹介しています。将来のアルツハイマー認知症を予防したい方、両親の病気予防を考える方におすすめです。

 

中鎖脂肪酸メモリオンの特徴

中鎖脂肪酸メモリオンは、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸をたっぷり配合したサプリメントになります。脳の栄養源、ブドウ糖の代替エネルギーとして注目を集める中鎖脂肪酸を1本あたりに6g(6000mg)も含みます。中鎖脂肪酸は、脳の老化を防ぎ、エネルギー不足を補います。アルツハイマー、認知症の対策をしたい方から支持されるゼリータイプのサプリメント!

価格 980円
評価 評価5
備考 中鎖脂肪酸

 

プラズマローゲンの特徴

プラズマローゲンは、テレビでも取り上げられた話題の成分「プラズマローゲン」を配合したサプリメントになります。リン脂質の一種であるプラズマローゲンは体内に吸収されることにより、脳の酸化を防ぎ、老廃物を排出する働きを持ち、脳の健康を維持するために重要な成分です。また、脳に新しい回路を作り出すため、アルツハイマーや物忘れなどの認知対策に効果的といわれています。

価格 10800円
評価 評価4.5
備考 プラズマローゲン・ビタミンEなど

 

きなりの特徴

青魚に多く含まれるDHA・EPAの成分は集中力や記憶力に関わるといわれています。厚生労働省が毎日1000mgの摂取を推奨しているほどの成分が、きなりには半量の500mg配合されているのがポイント。DHA・EPAを酸化させないように、強力な抗酸化力を持つアスタキサンチン含有のクリルオイルが配合されているのも見逃せません。サラサラ成分として話題の納豆に含まれるナットウキナーゼも配合されて、何歳になっても若々しくいられる元気の素となってくれそうです。通常5695円のきなりは毎月お届けコースなら初回1980円です。

価格 1980円
評価 評価4
備考 オメガ3(DHA・EPA)含有!

 

アルツハイマーとは?

 

脳の中では複雑な働きが行われて正常な活動が出来ていますが、ここに通常とは違う動きが生じると発生するのではないかと考えられているのがアルツハイマー型認知症です。

 

まだまだ研究は途中段階とはいえ、その原因や症状についてわかってきた部分もある程度はあります。ここでは、アルツハイマーの原因や症状についてお話しましょう。

 

遺伝や環境、生活習慣

 

アルツハイマーの大きな原因として考えられているのが、遺伝的なものや環境、生活習慣などの組み合わせです。1つずつでも人によって違う特徴が、複雑み絡み合ってくるのですから原因がわかりにくくなるのも無理はありません。

 

アルツハイマー型認知症はまれにとはいえ若い人にも現れることがある症状で、この症例ではほとんどが遺伝的なものを原因にしているといいます。老年性のアルツハイマーも、どちらかといえば遺伝性があるといいます。

 

加齢に伴う現象

 

脳は何歳になっても進化しているとする説もありますが、それは生活の仕方によっても異なります。多くの人は、高齢になるに従って、若い頃のように活発に活動しなくなります。

 

それは脳に関しても同じことで、体が疲れやすくなっているのですから脳だって休めたいと思うのは当然です。ここに加わってくるのが、生活習慣の乱れです。生活習慣が整った人でも、何十年も1つの体で生活していれば血管や臓器が弱ってきます。

 

そこで、睡眠不足や運動不足、食生活の不規則さなどが加われば、さらに体内の各部位の働きに問題が出てくるのは当然。こうした問題が複雑に関係して、認知障害や判断力の低下、妄想やコミュニケーション能力の低下、排便や排尿障害などの症状につながっていくのです。

 

アルツハイマーを発症しにくい生活習慣

 

アルツハイマーと生活習慣病に深い関係があるのではないかということが、最近よくいわれています。生活習慣病といえば、高血圧や糖尿病、高脂血症などが代表的。これらの病気を予防することで、アルツハイマーの予防にもなるなら一石二鳥ですね。

 

栄養バランスのいい食生活

 

食生活は、生活の基本です。人間の体は食べたもので出来ていますから、全ての病気は栄養バランスの悪さや食事の不規則さが原因になっているといっても過言ではありません。

 

特にアルツハイマー型認知症の予防のために摂取したい栄養といえば、DHAやEPAを多く含む青魚、抗酸化力の高いビタミンCやビタミンEを多く含む野菜、最近では体にいいオメガ3系脂肪酸の油類も注目されています。もちろんこれらのみをとるのではなく、いろいろな栄養をバランスよくとることが大切なのです。

 

こまめに運動

 

年をとってくると、新陳代謝が低下してきます。基礎代謝が低下してくる上に、体力が衰えて体を動かさなくなるので、どんどん代謝が悪くなってくるのです。すると細胞が活性化しませんから、脳細胞も衰えてきます。

 

ハードな運動を無理にする必要はありませんが、こまめに体を動かすようにしているかいないかで、健康状態はかなり違ってきます。なるべく歩くようにしたり、家事をこまめにやったりすることでも、運動になるものです。

 

頭を使う

 

体が疲れてくると、考えるのも嫌になってきます。そのまま、テレビをだらだら見て過ごすような生活は脳の老化につながります。

 

意識して頭を使うようにすると、脳細胞が活性化されて代謝がよくなります。適度に使えばストレス解消にもなるので、頭を使う遊びなどを習慣にしてみるのもいいでしょう。パズルやトランプ、碁、将棋なども、おすすめです。

 

人間の身体は長年生きれば生きるほど、活性酸素をはじめとした外敵にさらされます。何兆個もある細胞が酸化によって衰え、やがて死滅すると寿命になるわけですが、その前に心配なのは元気に頭を使って生活していけるかということです。

 

生活習慣や食習慣の乱れによっても、認知症に至って介護なしには生活できない人が大勢います。なるべく元気で過ごせるように脳を活性化してくれるサプリメントで記憶力や集中力を鍛えておきたいですね。

更新履歴